住みたい地域の情報収集


住みたい地域の情報収集

賃貸物件を探すとき、住む土地で上下水道・通信システムや公共料金、家屋の受け渡しの時に必要な手続きや料金が変わってきます。
知らないと損したり、予定外の出費が増えたりするので、事前に調べてあると今後の生活も楽になることと思います。
例えば、光回線が開通しているか、下水道・汲取り・簡易水洗(汲取り)のどれか、都市ガスかプロパンガスか、上水道なのか地下水を汲み上げているのかなどがあります。
今まで光回線を利用していたなら高速通信が可能なので便利ですし、ケーブルテレビのある地域なら、それらを利用すればCS・BS放送や電話料金も安くなり、ブロードバンド料金も下がるはずです。
下水や汲取りは家族構成や下水道料金などによってはかなり金額が変わりますので、あらかじめ目安料金を確認することをお勧めします。
水道水は地下水をくみ上げていると安い事が多いですが、大きめの地震が来た後は濁った水になりやすく、水道の浄水カートリッジの必要性を感じることもあるかと思います。
都市ガスが入っている地域に物件を探している場合はガスの種類(都市ガス・プロパンガス)を確認します(使えるガスレンジの種類もガスの種類によって変わります)。
土地柄、家屋の設備などでこれだけ生活費に関わる物があるので、物件照会の際には必ず確認することをお勧めします。
次に、家屋の設備や受け渡し時の地方によっての特性というものもあります。
温かい地域ではエアコンのついた物件が多いのと同じように、北国ではファンヒーターの常設(煙突付)があるところが多いです。
エアコンもヒーターも効率的に作用しそうな方向を向いているか見ることを忘れないように確認することも必要です。
積雪の予想される地方では、冬場の除雪の確認をすることを忘れないでください。
無料の駐車場があっても、雪を捨てる場所がないとなると大変です。
また、各居室やキッチンの照明器具が付いた状態で引き渡すことが当たり前の地域と自分で準備することが当たり前の地域、入居前に清掃費用を払う所や、退去後敷金とは別に清掃費用を集金することもありますので、気に入った物件が見つかったら敷金・礼金・火災保険と一緒に予め確認しておくと、余計な出費に悩むことはなくなると思います。

住まい・賃貸に関わる話は、このWEBサイトがイチオシです

  • 賃貸情報の基本はこちら。プロが発信する賃貸情報の便利サイト
  • 住みたい地域の情報収集
  • 居住候補地が市区町村または県境の場合、事前に知っておくと契約時の値段交渉やその後の生活に違いが生まれます。
Copyright (C)2016住みたい地域の情報収集.All rights reserved.